会員Aさんの声
会員Bさんの声
会員Cさんの声
会員Dさんの声
会員Eさんの声
会員Fさんの声
会員Gさんの声
会員Hさんの声
会員Iさんの声
会員Jさんの声
会員Kさんの声
会員Lさんの声
会員Mさんの声


「観光の町 呉市」とサポート・トレッキング・グループについて


不規則な参加で提案するのは、おこがましいのですが灰ヶ峰登山道整備をしていて思うことがあります。

@ 自動車道がもっときれいならば、今より多くの人が灰ヶ峰に登って見たいと思うのではないか。
A 夜景を見に行く人も増えるのではないか。
B 会員の坂本さんに教えていただいたのですが、灰ヶ峰に生えている植物は珍しいものがあり、すばらしい山だそうです。その植物をもっと知ってもらえるような何かが出来ないか。
C 呉の人さえ灰ヶ峰にあまり登らなくなっているし、地元の山でなく遠方の山にわざわざ行っている。灰ヶ峰に色々なコースの登山道が有るのを知らないからです。呉市が中心となり、周知と整備が出来ないか。
D 最近の子供たちは「目標なし」「体力なし」「気力なし」「親子で協力して遊べるものが少ないし」「遊び場なし」 灰ヶ峰に何か子供たちが魅力を感じるものがないか。

平成22年4月28日の日経流通新聞に“ロゲイニング” という競技について書かれている記事があった。それは「日本ロゲイニング協会」が開催しており3人1組で行う登山とオリエンテーリングを合体させた競技で、一定時間内でいかにポイントを廻り点数を稼ぐかが勝負となる。灰ヶ峰がとても綺麗な4月や11月に全国から登山愛好者が集まり、老若男女、親子のグループあり、健脚のグループあり、友達グループあり・・こんなイベントが定着したら、呉市の活性化にも繋がるような気がします。
しかし、突然このような事を呉市にお願いしても無理でしょう。
そこで先ず、小さな事からコツコツと・・ということでサポート・トレッキング・グループを中心に登山愛好者や呉市の企業・学校・各団体に呼びかけ「灰ヶ峰の大掃除」が出来ないでしょうか。 灰ヶ峰=美しい山・・が定着すれば、ロゲイニング開催も夢ではないような気がします。「観光の街 呉市」のお手伝いの一端を担うサポート・トレッキング・グループになれたら素晴らしいなあと思うこの頃です。

会員E

 WELCOME  活動の紹介  会報誌(2011年)  問い合せ  熊野高原ファーム